×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

歩行訓練用歩行器

歩行訓練やリハビリのために用いる器具

歩行器は歩行に困難がある人が、その機能を補ったり、歩行訓練やリハビリのために用いる器具で、松葉杖や車椅子のような移動手段に用いられるものとはちょっと違っています。日本では段差がなく屋内の広い場所で良く使われています。


補助器具としての歩行器には大きく分けて3つのタイプがあります。1つは左右のフレームを交互に動かすと、その連結が菱形にずれるようになっている交互歩行器、さらにフレームは固定されていて、持ち上げて前について進む固定型歩行器、3つ目は有輪歩行器です。


歩行器の種類や機能をインターネットや介護用品のカタログなどで調べると、実にたくさんのものがあることが分かります。その中から、患者の歩行機能の状態や回復のレベル等によって最適の歩行器を選ばなければならないのです。


歩行器は介護保険の支払対象の福祉機器となっています。かなり高額な機器ですので保険は大きな味方となります。また、雑誌の通販などでもよく見かけるシルバーカーの手押し車は介護保険では支払対象外になりますので、注意しましょう。


歩行器、というと

歩行器、というとベビー用品と言ったイメージが強いのですが、ここで取り上げるのはリハビリ、介護用の歩行器です。歩行が困難な人の機能を補うもので、日本では移動手段としてよりも歩行訓練用として病院や施設などで用いられていることが多いようです。


歩行器には有輪のものと無輪のものがあります。また無輪にも力を加えるとフレームが菱型にずれるものと、持ち上げて前身するフレーム固定型のものがあり、患者の状態や使用する場所の条件などで使い分けられています。


介護用品としての歩行器の選び方は、まず患者の歩行機能の状態や、回復のレベルでしょう。立つ事がやっとの患者にキャスター付きの歩行器は大変危険です。そういった方にはキャスターがなくて身体を預けやすい形のほうがいいでしょう。


よく街で見かける椅子付きの手押し車は歩行器ではありません。あれはシルバーカーと称されています。歩行器とは、移動する時に体重を支えることができ、把手が身体を囲むように保護する構造のものを指し、介護保険が適用されます。


補助器具としての歩行器には大きく分けて3つのタイプがあります

歩行器は歩行に困難がある人が、その機能を補ったり、歩行訓練やリハビリのために用いる器具で、松葉杖や車椅子のような移動手段に用いられるものとはちょっと違っています。日本では段差がなく屋内の広い場所で良く使われています。


補助器具としての歩行器には大きく分けて3つのタイプがあります。1つは左右のフレームを交互に動かすと、その連結が菱形にずれるようになっている交互歩行器、さらにフレームは固定されていて、持ち上げて前について進む固定型歩行器、3つ目は有輪歩行器です。


歩行器の種類や機能をインターネットや介護用品のカタログなどで調べると、実にたくさんのものがあることが分かります。その中から、患者の歩行機能の状態や回復のレベル等によって最適の歩行器を選ばなければならないのです。


歩行器は介護保険の支払対象の福祉機器となっています。かなり高額な機器ですので保険は大きな味方となります。また、雑誌の通販などでもよく見かけるシルバーカーの手押し車は介護保険では支払対象外になりますので、注意しましょう。